ママになったら始めたいマタニティヨガの魅力と効果とは。

札幌ヨガスタジオBLUESTARではこの秋、マタニティヨガを始めることになりました。
もっと先に予定していたマタニティヨガレッスンをこの秋始めるきっかけになったのは、大切なお客様がご妊娠されていたためです。

そこで今回のコラムではマタニティヨガの魅力と効果についてご紹介していきたいと思います。

♡マタニティヨガで安産を期待できる

・安産の秘訣は、「リラックス」と「筋肉の柔軟性」です。
妊娠中のママはとても神経が過敏で環境変化にも弱く、イライラしたり落ち込んだり悲しくなったりと感情の起伏が激しくなることもしばしば。
そんな心境は胎児に影響を与えるといっては過言ではありません。
まずは日々リラックスができること、ストレスを溜めないことが必要不可欠です。
そしてヨガの呼吸法が出産時に役立つとも言われています。
今から呼吸法を取り入れて、赤ちゃんにも十分な酸素がいきわたるように意識しましょう。

出産の時は、子宮口から産道、骨盤の開き方が重要となるのですが、筋肉が柔らかな妊婦さんほど開き方がスムーズと言われています。
開き方がスムーズであれば赤ちゃんにんも負担が軽減され、ママも赤ちゃんもお互いが楽になるはず。
骨盤周辺の筋肉を刺激することは安産への大切なポイントです。

・安産になるかは骨盤の状態にかかっている。
普段の骨盤は常に前後・左右、腸骨は開閉を繰り返しています。
女性は特に月経があるのと、骨盤周辺の筋肉が弱いと特に歪みが大きくでてしまします。
そして生活習慣の体の癖でさらに歪んだ状態は悪化。
歪みが大きくなると、骨盤周りが凝り固まり、血流も悪化、内臓や子宮も硬くなってしまします。
そんな状態での妊娠となると、お腹の赤ちゃんにとって発育しにくい環境となるので骨盤ケアは重要なのです。
マタニティヨガで骨盤を整えて安産に備えましょう。

・体力と筋力をあげてお産や陣痛を軽減させる。
体力や筋力のない方はお産が長くなる傾向があります。
陣痛は赤ちゃんを産むためのお腹の収縮運動です。
赤ちゃんの通り道は筋肉で囲まれていますが、体の動かす習慣のない人は筋肉が柔軟ではない為、産道が開きにくいこともあります。
しっかりと体力と筋力をあげて安心な出産を迎えられるよう身体の準備をしましょう。
まずはマタニティヨガで、筋肉を柔軟にし、運動することで体力をつけていってあげましょう。

マタニティヨガ
★只今、ホームページのマタニティヨガページは作成中でございます。もう少々お待ちくださいませ。
レッスンご希望のママさんは、体験レッスン予約フォームから第2,3希望の体験日とメッセージに妊娠何カ月目か、体調の方もご記入の上ご予約ください。