人間は加齢により運動機能が衰え、体力とともに筋力が低下します。

それが20代をピークに筋力が衰えます。

40代になるとさらに筋量も激減

スタジオでよく生徒さんに伝えています。本当にそうなんです。「よく学生時代はスポーツをしていて筋肉はあったんだけど…」と言う20代、30代の皆様、さらに筋肉が落ちるのはこれからなんです。

筋力が落ちれば当然体力が失われます。

20代でも運動する人としない人の体力年齢の差は3歳あると言われています。

しかし40代でも50代でも30代なみの体力を取り戻すことができます。

体力が落ちると、階段を上がったり、走ったりした時に異常に心拍数が上がります。それは心肺機能の低下でもあります。

運動をしないと心肺機能の低下にも繋がるのです。

では40代からすると「私どうなるの⁈」と思われるでしょう…今なにか運動をしているのなら必ず続けていれば維持はできます。90歳から筋トレを始めても筋力が30%UPした実験結果もあるくらいなので根気があれば何歳からでも筋力は上げれます。

ストレッチは毎日、1日10分〜30分の筋トレ。運動は最低3日以上休まないように気をつけましょう。

40代以上の日本人女性で筋トレをしている方は少ないのですが、アメリカでは圧倒的な多さでフィットネスレベルが高いんです。

スクワットも注目されています。アメリカ人のヒップがあれほど上がっているのは努力の賜物なんですね。

息を切らすようなハードな運動では活性酸素が増えてしまい、老化の原因になってしまいますが、酸素量をしっかり摂取できる運動は体力UPと心肺機能UPに効果的です。

筋力や体力のUP、心肺機能UP、そしてシェイプアップにも少しくらいの心拍数を上げる有酸素運動が理想的なのです。

image