基礎代謝を上げる=運動で代謝を上げる

だけではありません。

一番大切なのは内臓機能を高めることなんです。ここで基礎代謝の内訳を見てみましょう。

肝臓:27%
•脳:19%
筋肉:18%
•腎臓:10%
•心臓:7%
•その他:19%

なんと肝臓が3割近く占めているのに対し、筋肉は約2割ほど。つまり運動で筋肉を動かすよりも内臓機能を高めることが最優先だということがわかりますよね!

ところが、内臓機能の低下により基礎代謝が低迷。生徒さんの多くはお腹周りの脂肪で悩んでいる方が多いです。

肝臓機能を高めなくてはならないのですから、アルコールの飲み過ぎは禁物!アミノ酸を取り入れて肝臓機能を高めましょう。

内臓機能をUPさせ、お腹周りの脂肪燃焼をさせるにはどうしたらよいでしょうか。今日から始められる解決策をご案内します!

★とにかく内臓を温める、内部から外部からも冷やさないこと!

まだまだ気温がガタガタの札幌では薄着に注意!気になるお腹周りは冬じゃなくても腹巻などで常に冷やさないよう心掛けましょう!冷たい飲み物は禁物です! 白湯で内臓を温めると内臓機能がUPします。

★消化活動より代謝活動を活発化させること!

1日3食は基本ではありますが、間食を含めると体がずーっと消化活動になってませんか? 内臓がフル稼動になりっぱなしだと内臓疲労になり代謝ダウン。1食抜きだけでもいいのでプチ断食から始め、内臓を休ませ、消化活動から代謝活動に切り替えましょう!

★背中や腰のハリに注意!ストレッチで内臓活動を上げましょう!

背中や腰、体が硬くなっていると、脊柱の動きが悪く神経が繋がっている内臓の活動が悪くなります。自分ではどうにもならない硬さであれば整体を受けるなど体の背面は常にほぐれた状態を心掛けましょう!ヨガは内臓活動UPに効果的です!

猫の伸びのポーズなどで背中のストレッチをしましょう♪

image