脂質は3大栄養素のうちの一つで、生命の維持に不可欠な成分です。3大栄養素の中で最も高いエネルギー源(脂質1gに対して9kcal、タンパク質・炭水化物は1gに対して4kcal)となり私たちの体にとって大切な栄養素です。

脂質の役割は…

★細胞膜の成分
★エネルギーを貯蔵する
★体温を保つ
★皮膚を保護する
★脂溶性ビタミンの吸収促進
★代謝活性をコントロールするホルモンの材料
★血圧、体温、筋肉のはたらきをコントロールする

などなど…脳や内臓にとっても必要不可欠なものであり、生命維持に重要な役割を果たしています。

脂質が不足すると…

★疲労
★免疫力の低下
★学習能力、集中力の低下
★発育障害
★肌荒れや皮膚炎
★脳梗塞や心筋梗塞※不飽和脂肪酸の不足

などのリスクがでてきます。

脂質を大きくに分けて…

常温で固まるものを飽和脂肪酸常温で固まらないものを不飽和脂肪酸といいます。
そして体内で合成されない、されにくいものを必須脂肪酸、体内で合成できるものを非必須脂肪酸といいます。

飽和脂肪酸といえば…
バターやマーガリン、肉の脂身、植物油などに多く含まれています。しかし肉の脂(ラード)やバターなどの常温で固形の脂は血中コレステロール値を上げる原因となるので、動物性脂肪に偏ってしまうと、肥満や糖尿病、動脈硬化など生活習慣病にもつながってしまいます

不飽和脂肪酸といえば…
オリーブ油やコーン、なたね、亜麻仁油などの植物油、魚の油などがあります。

ちなみに…不飽和脂肪酸を科学的に加工して作られているのがトランス脂肪酸(マーガリン、ショートニング、ファストブレッド)です。それらを原材料にしているパンやケーキ、ドーナッツ、カップラーメン、ポテトチップスにも注意が必要です。

必須脂肪酸といえば…不飽和脂肪酸、オメガ3、オメガ6
EPA・DHA(オメガ3) → 魚油 (さんま、鯖、まぐろ、うなぎ、ぶり、はまちなど)
・αリノレン酸(オメガ3)  植物油(アマニ油、なたね油、紅花油、シソ油など)
・リノール酸(オメガ6) → 植物油(ひまわり油、大豆油、とうもろこ油、ごま油)、くるみなど

オメガ3は
○善玉コレステロールの増やす。
○血管の拡張
○神経細胞の活性
○アレルギー症状を抑制
○がん予防

×熱に弱い

オメガ6は
○悪玉コレステロールを減らす。
○血糖値・コレステロール値・血圧を下げる。
血圧をコントロール
×酸化しやすい
×摂りすぎはアトピー悪化


ちなみに、
α‐リノレン酸(オメガ3) 1 : リノール酸(オメガ6) 4 がWHO(世界保健機構)推奨
されています。

非必須脂肪酸といえば…飽和脂肪酸、オメガ9
・オレイン酸(オメガ9) → オリーブ油、キャノーラ油、米油、アボガドオイル、ヘーゼルナッツ

オメガ9は
○悪玉コレステロールを減らす。
○動脈硬化や心臓病予防
○高血圧予防
○便秘改善

○熱に強い
×特にないが、オメガ3とオメガ9のバランスが大事です。

★まとめ★
まず気をつけたいのが、トランス脂肪酸(マーガリンやショートニング)だけは避けましょう!
オメガ3とオメガ6のバランスを大事にすること。
オメガ3は主に魚の油、クルミ・アーモンドのナッツ類、卵や貝類、海藻類にも含まれます。
摂りすぎ注意はオメガ6、紅花油やひまわり油、コーン油を家庭でよく使う方は少し控え、オメガ3であるえごまやアマニ油を取り入れてみましょう。ただし、オメガ3は熱に弱いので、サラダのドレッシングに代用するといいでしょう!!