11月に入り、寒さがいよいよ厳しくなってきました。
冬になると人間も動物もコロンと太るのはなぜ?
今回は冬太りの原因と対策をまとめました!

【冬太りの原因】
体温低下、血管収縮、毛細血管の減少、筋力低下、脂肪の冷え&硬化、食欲増進

・体温が低く、冷えを感じている人ほど甘いものを欲します。体温維持のためにエネルギー効率のよい糖質を好むためです
秋冬に食欲が増すのも体温維持によるもの。

・寒さ、体の冷えから運動が億劫になり、活動量が低下。ともに筋肉量も低下するため熱を生み出すことができず体温の低下に。

・寒くなると体が内臓をあたためようと、末端から血液が内臓に集中し、脂肪は冷えやすくなります。冷えて硬くなった脂肪は燃焼しにくく、さらに脂肪がつきやすくなるばかり

・夏に冷たいものを食べ飲みした結果、内臓が冷えてしまい、内臓は冷えると脂肪をつけようとします。これが内臓脂肪となります。

他、クリスマスや忘年会、新年会などイベント事が多く、食べ飲みする機会が増えてしまう結果、体重の増量はどの人にも共通して言えることでしょう。

【冬太り対策】
温活、運動、食事法、ストレス軽減

・とにかく冷やさない。タイツ・スパッツ・腹巻やカイロ、寒いと思ったときには体がすでに冷えている証拠です。

・内臓を温める。代謝のほとんどは筋肉ではなく、内臓が上げてくれるものです。冷たい飲食は絶対にNGです。

・冷えやむくみを放っておいたまま寝ないこと。首までつかる入浴、軽いストレッチをするだけで冬太りを防げます。

・食べ物には陰性=体を冷やす。と、陽性=体を温める。ものがあります。陰性は熱い地域や国の産物(バナナ、パイナップル、コーヒー等)や、精製された砂糖や小麦、酢、豆乳。
陽性は、寒い北海道の産物(根菜類やとうきび、てんさい糖)、肉や卵、チーズ、納豆などのタンパク質豊富な食品、塩・しょうゆ・みそは陽性の特徴があります。
陽性の食べ物を摂るように心掛けましょう。

・ストレスは食欲を誘発させ、脂肪燃焼を妨げ、活性酸素を増やす。。いいことは何もありません。まずは心の健康から。

 

体温が低いまま冬の寒さに負けてしまっていては運動から遠ざかるばかり。
体は冷えて硬くなると、心はやる気を失い、不安やネガティブな気持ちに引っ張られてしまします。
そんな気持ちに負ける人、逆らって運動を始める人、大きな差がでます。

冬こそ運動し、体温を上げ、風邪やインフルエンザに負けない体と、ポジティブな心を持ちましょう!!

★次回はアーユルヴェーダ食事法についてです。健康的な食事とは自分の体質に合った食事!食事は身体の為に摂りましょう♪

image