ヨガをする方なら誰もが意識する骨盤。
レッスン中に仙骨や腸骨、尾骨、恥骨といった骨盤ワードでよく注意やアドバイスを受けますよね。
場所がわからない方はざっくりした図でいいので頭に入れておいてくださいね。【↓図は横から見た骨盤です】

kotuban

よく聞く骨盤の歪みとはどんな状態のことを言うのか?
すべて挙げるとキリがないほど歪んだ状態は様々です。
今回は多く見受けられる骨盤の前傾と後傾について取り上げました。

◇骨盤が前に傾いた前傾型◇
股関節が後ろにズレて腸骨が前に出ているタイプ。
パッと見姿勢が綺麗に見えますが、背中のS字カーブが深くなる為、出尻気味。
このタイプは内臓下垂によりお腹がポッコリ出やすく、下半身に脂肪がつきやすいです。
前腿の張りが強く、膝の上に脂肪がのっかってしまう。なんてことも。
骨盤が前に傾けば、脊柱起立筋が背骨を支えようとし、背中の強い張りがでます。
腰椎の強いカーブが腰痛の原因にもなりやすいです。

◇骨盤が後ろに傾いた後傾型◇
股関節が前にズレて腸骨が後ろに傾いたタイプ。
背中が丸まり前かがみになり、腕が前にでています。
胃が下がってこちらもお腹がぽっこり出てしまうタイプ。
お尻が垂れて洋ナシ体型。膝が曲がっているのが特徴です。
高いヒールを履いて膝を曲げながら歩いている人がよくいますが、骨盤後傾タイプに多いですね。

kotuban2
骨盤が均等にバランスのとれている骨盤美人とは??
骨盤を意識するというよりも、普段の姿勢や立ち方、歩き方などを意識できる人。
骨盤の歪みの原因はほとんど姿勢です。
姿勢が悪いと筋肉が硬化し、骨格が引っ張られます。
そして骨盤の前傾・後傾の癖をなくすことです。
これは座っている時が一番意識しやすいので、座る時は座骨に座るようにし仙骨をまっすぐに立てる意識をしましょう。

しかし誰もが長年歪んだ体の状態を放置していれば、今から姿勢を正したって保つことはできません。
すでに肩が張ってしまい(慢性肩こり)、肩が上がった状態のまま首が短くみえる方がほとんどです。
綺麗な姿勢を保つためには、筋肉の強張りや硬化を解消し、歪みを整え、姿勢筋も鍛えなければいけません。

骨盤も姿勢も綺麗に保つことができるようになれば、無駄な脂肪も自然と落ちやすくなります。
骨盤や姿勢を意識し、綺麗になることに貪欲になりましょう!!