有酸素運動と無酸素運動の違いをご存知でしょうか。
それぞれの特徴と効能をまとめました。

有酸素運動とは、体内に取り込んだ酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出します。
ウォーキングやヨガのように深い呼吸で酸素を取り入れながら、ゆっくりエネルギーを燃やす運動です。
無酸素運動のように疲労物質を多量に生じないため疲れが蓄積せず、途中からエネルギー源が徐々に体脂肪に切り替わっていくので、長時間運動を続けることが可能です。

【有酸素運動の効能】
★溜まった体脂肪を燃やして減量が可能

下半身痩せの効果、足がむくみづらくなる

★有酸素が血行促進となり硬くなった皮下脂肪燃焼に効果的

★長時間行えるため無酸素運動よりも消費カロリーが多くなる

★筋肉の負荷をかけないので細く引き締められる

無酸素運動とは酸素をほとんど必要としない運動です。とはいえ呼吸はしているので、まったくの無酸素になるというわけではありません。酸素を使って糖質や体脂肪からエネルギーを得る有酸素運動とは違い、糖質だけからエネルギーを生みだす割合が高いです。無酸素運動は短時間に強い力が必要となる運動で、筋肉に貯めておいたグリコーゲン(糖質)がエネルギーの主原料として使われます。

【無酸素運動の効能】
★筋肉量が増え、基礎代謝が上がることで痩せ体質になる

★成長ホルモンが分泌される為、筋肉を作る、脂肪を分解する、老化防止と若返りの効果

★女性ならばヒップを作る、男性ならば胸板を厚くさせるなどのボディデザインに効果的

★筋肉量が増えることで基礎体温が高くなり免疫力UP
効率のよいダイエットには有酸素運動無酸素運動が効果的!
その理由は?

運動を始めるとまず、血液中の糖分が体を動かす燃料として消費されます、血液中の糖分が無くなると今度は、筋肉や肝臓に蓄えてあった糖分(グリコーゲン)を燃料として消費し、それがなくなってやっと体脂肪を血液中に分解し体を動かす燃料として燃焼させます。と、ここまでが平均15~20分です。

この15~20分間にストレッチと無酸素運動(筋トレ)をしてから、有酸素運動を行えば体脂肪が燃焼しやすい状態から始められるので、体脂肪の燃焼効率がよくなります。

スタジオBLUESTARのレッスンでは、

★ヴィーナスでは最初の20~30分はストレッチ&無酸素の筋トレ、その後有酸素のヨガ&バレエ。

★アロマヨガでは無酸素運動はしませんが、開始から20~30分後をピークに動くようにしています。

★Fat Burnダイエットでは最初から最後まで無酸素運動&有酸素運動の繰り返し。

★アドバンスヨガでは有酸素運動をメインに無酸素を挟んでいます。

すべてのレッスンで少しでも消費カロリーを上げ、基礎代謝UPと脂肪燃焼につながるように心掛けております。

有酸素運動も無酸素運動も、体幹(コア)を意識するのとしないのとでは大きく効果に差がでます。

バランス系のポーズを1つでもマスターし、コアを意識できる体になりましょう!

90F14C9D-44B8-4403-BEA4-CFFA9DB626E3

↑アシュタヴァクラーサナ(8曲がりのポーズ)