運動する人、しない人、そこに出る差は何の差があると思いますか?

運動しなくても細い人はいます。遺伝や脂肪細胞の数、痩せの腸内細菌に恵まれているのでしょう。体型の違いではありません。

行動力と運気に差があるんです。

運動をする人は身体が軽い、腰が軽い。つまり行動力があります。そして運動をすることで脳の働きや集中力、ひらめき力がUP。思いついたら即行動!運動する人には即決力と行動力があります。

運は黙っててくるものでしょうか。時の流れで何かの変化やチャンスがありますから、そのタイミングでどう持っていくかは自分次第!運をつかむ!チャンスをつかむ!それができるのは普段から身体も頭も柔軟な人なのではないでしょうか。

運動することで得られるメリットが以下のようにあるのに対し、運動しないメリットには何があるでしょうか。

◯体脂肪DOWN

◯筋力UP

◯体力UP

◯集中力UP

◯基礎代謝UP

◯肩こり腰痛改善

◯便秘や肌荒れの改善

◯脳や内臓の活性化

◯自律神経のバランス

◯風邪や生活習慣病の予防

などなどいくつもあげられます。運動しない人と比べて運動する人の健康面はかなり優れているはず。健康面が良ければ仕事もプライベートも上手くいくことの方が多いことでしょう。

万歩計を見て「今日は歩いた!」なんて満足している日本人が多いですが、歩くだなんて残念ながら運動に入りません。歩かないよりはマシですが、常温の環境で汗をかくくらいの運動はして欲しいものです。

ニューヨークのヨガスタジオのタイムスケジュールを見てみてください。

 

ハタヨガやリラックスヨガ、ヨガベーシック、骨盤ヨガなど、どれも運動量が少ない日本のヨガスタジオに比べ、一呼吸一動作のフローヨガである動きの多いヴィンヤサやパワーヨガばかり。

私たち日本人は、運動をして運をつかむニューヨーカーを少し見習うべきではないでしょうか。

E4B44B8E-CEB4-44D2-949A-76723D18BB48