以前のコラムでもお伝えしたヨガ哲学の基本的な教え

アシュタンガ=八支則(はっしそく)8つの段階・行法

ヨガ的生き方には、日常から心得ることや考え方があります。
そして自分の内側を見つめ、体や呼吸に意識を向け、深い静かな精神を持ち、その先に瞑想と融合しておこる悟りの境地 、至福の喜びがあるとされています。

ヨガの教えには、アシュタンガ=八支則(はっしそく)という8つの段階・行法があります。

ヨガの聖典、聖者パタンジャリが説いた「ヨーガ・スートラ」の中に出てくる、ヨガ哲学の基本的な教えになります。

その中でも、 「ヤマ」・「ニヤマ」は、日々の社会的・個人的行動規範となり、もっとも基本的かつ実践するのが難しいとも言える教えとなります。本場インドのアシュラムでは、「ヤマ」、「ニヤマ」を実践できなければ、アーサナ(ポーズ)の練習をするスタート地点にさえ立ってない、とされる。

今日は「ヤマ」について深く取り上げてみました。

ヤマ(Yama)/禁戒 
日常生活で行なってはいけない5つの心得。

相手を思いやる為に心得たい、人間関係を良好にするために理解したいのがヤマです。

●アヒムサ(Ahimsa)/「傷つけない」ことを意味します。
行動、言葉、思考のレベルで他者に暴力をふるってはいけない。
悪口を言う事も、思うこともこれに値します。
誰に対しても怒りを抱かないこと。”苦痛を引き起こさないこと”。
相手を気づ付けることで、自分自身も傷つくことになります。
自分自身を大切にすることから、相手を大切にできることに繋がります。

●サティヤ(Satya)/「嘘をつかない」正直でいること。
自分の利益やエゴを守るために、嘘をついてはいけない。
嘘をつかずに誠実でいるためには、言動、言葉、思考を日頃から一致させることを心掛ける事。
自分に正直に生き、心が穏やかな状態でなければなりません。
ただし、他者を傷つけるようなことであれば、真実であっても言わない。
その場合は、きちんと言わない理由を正直に言えばよい。第一にアヒムサ(非暴力)が優先される。

●アスティヤ(Asteya)/色んな意味で盗まないこと。
他人の物、時間、信頼、権利、利益などを盗んではいけない。自己中心的な行動はやめなさいという教え。
約束の時間に遅刻したり、行列に割り込んだり、 相手の話をきちんと聞かずに遮って自分が話すことも他人の時間を盗んでいることとされ、アスティヤ(不盗)に反します。相手の考えを尊重せずに、自分の思考を押し付けることもアスティヤに反します。

●ブラフマチャリヤ(Brahmacharya)/禁欲
もともとは、性欲に代表されるような、生命エネルギーの無駄使いをしてはならないこと。
生命エネルギーは必要なところに集中させることが禁欲の本質。
散漫しているエネルギーを集中させること。

●アパリグラハ(Aparigraha)/不貪
必要以上に物を欲せずに今、自分が本当に必要な物だけ手に入れる。

貪欲さを捨てること。次から次へと湧き起こる、尽きることのない欲望に身を任せない。何かを必要以上に所有しない。
執着する気持ちが無くなれば肩の荷が降りて人生が軽やかな物になるはず。

もっと深く理解されたい方はヨガ的生き方を是非ご覧ください。

いかがでしたか?
自分自身に足りないのはどれなのか、何があれば人生満たされるのかを一度真剣に考えてみてくださいね♪

当スタジオで運動することだけでなく、心豊かになるような人生のヒントを見つけていただけると嬉しく思います!(^^)!