陰ヨガ陽ヨガという言葉を初めて聞いた方、陰ヨガと陽ヨガでは運動量が大きく違います。

陰ヨガ筋肉を緩めるために同じポーズを長めにキープするのが特徴です。
無理は絶対にしないこと。自分の筋肉が緩められる範囲の中で行う為、キープが辛いものではありません。
むしろ伸びていく過程を感じられるのが良いところでもあります。

陽ヨガ鍛えることに重点を置いており運動量が多いのが特徴です。
フローヨガであるヴィンヤサやパワーヨガ、アシュタンガヨガがこれにあたります。
筋肉を鍛えながら汗をかいて爽快感が得られるのが良いところでもあります。

陰と陽といった呼び方は中国の陰陽説からきており、”太陽と月”、”明と暗”、”動と静”などを表しています。

【陰ヨガの効果

★柔軟性を高める
筋肉は伸ばそうとすると最初の30秒間は戻ろうとし、反動をつけたストレッチや無理なオーバーストレッチは逆に筋肉を硬くしてしまいます。
30秒~1分を過ぎると筋肉が緩み始める為、痛みを感じないところで無理なく伸ばす陰ヨガは筋肉の柔軟性を高める効果があります。

★リラックス効果
忙しい陽ヨガに比べ、呼吸に意識を向けリラックスしながら一つ一つのポーズに集中できるので体も心もリラックスしやすいです。
仕事や家事、育児に追われる時間から逃れて自分の体としっかり向き合えることができます。

★集中力がUPする
陰ヨガは心の安定や集中力をもたらす効果があります。
深い呼吸をすることで脳内の血流も良くなりますので、頭の動きも活発になり集中力UPが期待できます。

★下半身痩せ効果
脚が痩せにくい原因の一つに、筋肉の硬直やリンパや血流不良があります。
筋肉の緊張を緩めたり、骨盤周りの関節や結合組織をゆっくりと刺激したりすることで、リンパ節の働きを高め、下半身をスッキリさせる効果が期待できます。

そして誰にでも気軽にできるのが人気の秘訣です。
ついていけなかったらどうしよう。体が硬くてできるか不安。などといったお悩みがある方には気軽にご参加いただける陰ヨガです。