女性に多い手足の冷え症。
手足の冷えを自覚していても、内臓の冷えは自覚できていない方がほとんど。

冷え症の原因として、運動不足による血行不良や、偏食などによるエネルギー不足、自律神経の乱れによる体温調節不良、女性ホルモンの乱れによる血流作用の低下などが考えられます。

厚着をしても、食事改善をしても、ホットヨガに通っても、根本的な解決方法になりません。

ちなみにホットヨガに通う方法は逆効果といえます。
外気による温度上昇は、体が汗をかいて体温を下げようといったスイッチが入り、逆に体を冷やしてしまうのです。

室温に頼らず、自分自身の筋肉の運動による体温の上昇は、エネルギーの代謝となり体を温めます。

筋肉運動を控え、室温に頼るヨガよりも、常温でしっかり運動しましょう!

重要なのは筋肉の運動の他、日常から内臓を温めることも重要です。

内臓は体の中でも優先して常に温めていないといけない為、末端の血流が体の中心である内臓を優先してしまうのです。

つまり、手足の末端がいつも冷たい人は内臓が冷えているのかもしれません。

内臓の冷えは、冷たい飲食や運動不足、ストレス・疲労、過度なダイエット、タンパク質不足なども原因にあげられます。

【内臓の冷えによる悪影響】

■免疫力の低下
体温が一度下がると37%も下がると言われています。
特にこの時期インフルエンザなどのウイルスにかかりやすい傾向にあるといえます。

■腎臓・膀胱の冷え
腎臓が冷えると、膀胱炎になりやすく、胃腸が冷えると便意・下痢になりやすくなります。

■ダイエットの失敗
特にウエスト周りに脂肪がつく人に多いのは内臓の冷え。内臓は冷えると脂肪をつけて守ろうとします。
カロリーよりもまず冷えを改善させることがダイエットの先手です!

■不妊
内臓が冷えると血液循環が悪くなり、女性にとって大切な子宮や卵巣の機能も低下します。
生理不順になったり、生理痛が重くなったり、妊娠しにくくなると言われています。

■腸内環境の悪化
腸が冷えると悪玉菌が増え、ニキビや吹き出ができるなど肌荒れの原因になります。
また、血行が悪くなるとシミや目の下のクマができることもあります。

いかがでしたか?
私も内臓が冷えているのでは??と思った方は、体を温めることはもちろんですが、運動による体温UPをおすすめします。

特に冬は黙っていては冷える一方です。
冬にこそ運動が必要不可欠といえるでしょう!!