よく、食べ物が空気にふれると酸化するといいますが、人間も同じく酸化します。

物が酸化すると錆びたり腐ったりしますが、人間でいえばシミ・しわなどの老化現象や生活習慣病のはじまりです。

人は酸素を取り入れてエネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素は化学変化を起こし活性酸素を発生させます。

活性酸素は体内に侵入してきた細菌などを排除する作用も持っていますが、過剰に活性酸素が発生した場合が問題と
なります。

過剰に発生した活性酸素は、人間の身体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招きます。

活性酸素を発生させやすいものとして、食品添加物・喫煙・ストレス・激しい運動の他、紫外線や大気汚染も体内に活性酸素を発生させます。

その活性酸素を抑えることを抗酸化作用といいます。

私たちはもともと抗酸化作用を持っているのですが、抗酸化力は加齢により減少していきます。

ですからよくトマトやコーヒーなどの抗酸化作用の食べ物が話題になるわけなんですね。

抗酸化作用物質と食品は次のようなものがあげられます。

・リコピン→トマト
・セサミン→ごま
・βカロチン→人参やホウレンソウなどの緑黄色野菜
・ビタミンC→柑橘類、ブロッコリー

・ビタミンE→ナッツ類、うなぎ
・亜鉛→牡蠣、レバー
・セレン→魚介類、ねぎ
・カテキン→緑茶、赤ワイン
・アントシアニン→ブルーベリー
・イソフラボン→大豆

・クロロゲン酸→コーヒー
・カプサイシン→唐辛子
・セサミン→ごま
・クロロゲン酸→コーヒー
・ルチン→そば
・アスタキサンチン→鮭

また、運動による抗酸化作用も期待できます。

ランニングなどの息が切れるような無酸素運動ばかりでは体内で活性酸素が増えてしましますが、定期的に行う適度な運動(有酸素運動)は心肺機能の向上や自律神経バランスの向上などの他抗酸化作用の向上にもプラスであると言えます。

スタジオBLUESTARのオリジナルレッスンFat Burnでは、前半のフィットネスで心肺機能を高め、後半のヨガで自律神経を整えて抗酸化作用の向上を高めます。

無酸素運動と有酸素運動の組み合わせが若さの秘訣となるのです♬