理想とされる体温は36度5分ですが、日本人は低体温が多く、冷え性に悩まされる方も多くいます。

体温は1度下がると免疫力は30%低下、エネルギー代謝は12%低下すると言われています。

癌など生活習慣病のリスクやウイルスなどの感染リスク、排泄機能の低下や痩せにくい体にもなります。

逆に体温が1度上がると免疫力は5~6倍もUPするのです。

【体温別症状の例】

36,5度~37度→最も免疫力が高い状態

35,5度→日常的に続くと排泄機能低下、アレルギー症状がでやすい、自律神経失調症の恐れ

35度→ガン細胞が最も増殖する

34度→溺れた人が回復できるかのボーダーライン

33度→雪山で遭難した際、幻覚症状がでる

30度→意識を失う

27度→死体の体温

こういった例を見ると体温上げたくなりますよね。

低体温は免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウン。

同じく免疫に関わる腸の働きも低下します。

また、ガン細胞は35度で最も増殖する性質があるとされています。

その他、生活習慣病やアレルギー、うつ、ガンなど、さまざまな病気を引き起こすのだそうです。
【低体温の原因】

運動不足→筋肉が少ないと熱の生産がされにくいです。体温の40%は筋肉で作られています。

体を冷やす飲食→それだけでなく、ダイエットなどで控えすぎ、逆に食べ過ぎも低体温を招きます。

過度のストレス→緊張ホルモンのアドレナリンやノルアドレナリンの分泌が高まり血管の収縮に繋がります。

湯舟につからない→シャワーや半身浴ばかりでは身体はあたたまりくい為、首までつかりましょう。
以上の原因をふまえて今日から是非温活に励んでみてください。

冬の季節、ウイルス感染が目立つ時期だからこそ対策はしっかりと!!