コレステロールとは脂質の一種で大切なホルモンの材料であり、血管強化に大きな役割を果たしています。

ですが、コレステロール値が高い=余分なコレステロールが多くなってしまうと血管の壁に付着し、血管を狭め、血液循環を悪くさせる結果、様々な病気をまねいてしまします。

 

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)善玉コレステロール(HDL)の2種類があります。

悪玉コレステロール → 全身にコレステロールを運ぶ働き

善玉コレステロール → コレステロールを血管から除去する働き

働き増えてしまうと健康被害になるのは悪玉コレステロールです。

悪玉コレステロールを増やす原因

主に食事と運動不足が原因と言われています。

食事では「肉・卵・油」が摂取過多になると総コレステロールが増えるので、悪玉コレステロール値が必然的に高くなります。

中性脂肪を増やす「炭水化物やお酒」も悪玉コレステロールを増加させます。

また、過度なストレスは体の機能低下に繋げ、喫煙は血流を悪くさせ、悪玉コレステロールを増やす原因になります。

稀に食生活にかかわらず、親からの遺伝により生まれつき悪玉コレステロールが高い人もいます。

悪玉コレステロールを下げるには

栄養バランスのよい食事、適度な運動、快適な睡眠です。

腸内環境を整える食物繊維が豊富な野菜(キャベツなど)は余分な成分を体外へ排出させてくれます。

ビタミンC(ブロッコリーなど)やビタミンE(かぼちゃなど)はコレステロールの酸化を抑えて血管を狭めるリスクを下げます。

例え飲みすぎ・食べ過ぎであっても運動することによりエネルギーを消費すればコレステロール値の大きな影響を与えません。

 

逆に全く運動しない人は、中性脂肪が蓄積していくので悪玉コレステロール値が高くなります。
ストレスや疲労は体の機能が低下してしまい、コレステロールを排出する力が低下してしまいます。

快適な睡眠で悪玉コレステロールを増やさないよう健康を維持しましょう!